ピースプーン

「ピースプーン」 第1回

かれこれ10年ほど前に、ロンドンの骨董市を尋ねたときに、目利きの友人がとある店先の商品の中から化粧箱を見つけました。その中には、カップに添えるには大きく、スープをいただくには頼りない大きさのスプーンが6客、子犬が乳を飲むように並んで入っていたのでした。店主の説明によると、豆を食べるための專用のお匙だそうで、確かに豆を匙の腹にすくいやすいように片側がヘラ状になっているのでした。豆料理を專用のお匙でいただくという優雅なことをしていたのですね、中流以上のかたがたはきっと。という想像を駆り立てられながらも本来の豆を食べるという使用目的とは離れた「ピース」+「スプーン」=「ピースプーン」という、空気が抜けたような語呂のこころよさがずっと心の片隅に残っていたので、今回、ヨッコラショッと取り出してタイトルにしてみました裏道を寄り道してみたら、あらん素敵な店発見、てな具合のピースフルなたべもの雑記ができたらな、と思っています。
皆さまは食事をする時に、好物を先にいただくほうですか?後に回すほうでしょうか?色々だと思いますが、私は好物は先に頂きたいほうです。なぜなら「Hunger is the best Sauce.」という永遠の真理をいつも持ち歩いているからなのです。もちろんこれは受け売りでして、そんな食べ物心理をクスグルことばを屈指なされた喜劇界の巨人を少し紹介させてくださいませ。                                

清濁食べ尽くした文章家としても大好きな、知らない人はゴメンナサイの「古川緑波」氏のことです。エノケン、ロッパと称される程の20世紀戦前の喜劇界を風靡なされた氏のことは、今では書籍などでしか伺うことができないのですが毎毎日書き綴っていた膨大な日記には必ず飲み食いのことがかかれており、氏の博識さることながら、グルメを超えたその執念たるや驚愕!なのであります。例えば昭和19年(戦中!)1月某の日記によると「駐文制だったので、前もって予約しておいた、帝国ホテルのグリルへ影武者フタリで行き、目の前に運ばれてきた料理2人前を2人前食う、影武者は只眺めるのみにて」といったような内容なのですが身体を張って、時にはヒトを踏みつけながらも、心中「ゴメン許せ」と食への道をばく進するのかということを文脈から拝察する度に、このエネルギーが俳優や作家業などをこなす原動力になっていたのかウムウムと頷くしかありません。私はそのエッセンスだけ拝借することで十分満足しているのですが食の風俗史として視点を置き換えると、学ぶところ大いにアリなのです。例えば戦前戦後(このバアイ太平洋戦争を指す)の関東、関西のすき焼き事情について。餃子流通経路においては、今でも健在老舗と称される店のありよう、などが描かれておりますので、時間軸を飛び越え、旅行気分でその時代へと食事に出かける気分を味あわせてくれるのです。また爽やかな「氷屋ぞめき」、味わい深い「色町洋食」などなど、エッセイのタイトルだけでも拝見すると、声帯模写という造語を作った氏のセンスも垣間みれるように思えます。
港に氾濫する情報誌で新着情報に胸トキメかせるのも素敵なこと。文化人や知識人が愛したと言われる老舗食事処で思いを巡らせるのも素敵な過ごし方。しかし今こうして両者を身近にたのしめるようになったということはこのようなヒトタチが根底で支えていてくれたからでしょうね。世界でも類を見ない現在の食の繁栄には、ニッポンのセンチメンタルが潜んでいるのですよね。世界中の食べ物をここニッポンで楽しむためにも、視覚、臭覚を更にお磨きする為にも、食いしん坊を自負なされる貴姉貴兄さまがたへご一読をお勧めいたします。氏の日記を抜粋して編集された非食記は、ちくまより文庫化されておりますのでポケットに忍ばせて小腹が空いたら召し上がってみてください。(もしかしたら絶版かも。。)                             

すでにご存知のご貴姉&ご貴兄へは、厚く語りまして失礼いたしました、と謝っておきます。はい。次回からはかろやかに参りたいと思います。

前のページへ 一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る

商品紹介

イラスト&エッセイスト/関根朝子氏
による美味しいコラムです。

詳しくはこちら