開発秘話

製造コストを考えた「たれ」の製品化

「たれ」の風味に力を入れすぎたため製造コストが掛りすぎて商業ベースではつかえないものになってしまった。しかしこの風味を活かした「たれ」を使いたい。同等品で実際につかえる「たれ」は出来ないかという依頼がF 社からありました。原材料の吟味、製法の工夫によって製品化に成功しました。

前のページへ 一覧へ戻る

▲ページのトップに戻る

商品紹介

イラスト&エッセイスト/関根朝子氏
による美味しいコラムです。

詳しくはこちら